2017年3月31日金曜日

0.9の集合体ではダメッてこと By かずみん

「0.9同士だとマイナスになってく」みたいな話。
しゅんちゃんがまりちゃんのセッションを受けた時のお話を又聞きして、なるほど!
って思ったのでシェア。

私の解釈(間違えてたらゴメンね!)
今の私は0.9だとして、そんな私の周りに集まって来るのは0.9の人だったら。。
0.9x0.9x0.9...
どんどん数字がちっちゃくなっちゃう。
成長できない。

1だったら。 。
1x1x1...
安定か?
成長するには1より大きくなる必要が?

 2だったら。。
2x2x2...
どんどん大きくなってく!

ちゃんと自立して自分の力を発揮している人同士が力を合わせたら、
きっとすごいことができるんじゃないかな♪
Truthersが目指すのもそこだろう。

今は0.9の私でも、まずは1を目指してがんばろうと思う!

1になれない人がいたら、助けてあげられるような、そんな自分になろう☆





宇宙連合って何スカ? By かずみん


「宇宙連合って何スカ?」
初めてしゅんちゃんから「宇宙連合」の話を聞いた時の率直な心の声。
そう、心の声。
あまりに自然に当然のように、しかも嬉しそうに言うから、声に出して聞く余地を与えられなかった、という感じ。

私、天使や妖精の話でさえ、なかなか友達や周りの人にできないでいるのに。。
彼はぶっ飛んでるけど、ある意味うらやましくもある。
本当に自分に正直に生きてる。

子どものように純粋に自分の夢を語るしゅんちゃん。
その純粋さゆえ、イラッとさせられることもしばしば。
「もっと現実を見てよっ!」ってなる。
悲しいかな、現実社会でフツーにおとなになってしまった私にとって、しゅんちゃんの純粋さがうらやましくてきっと、ジェラシーなんだと思う。

宇宙連合。。最近聴き慣れてきたけど、それでもまだ、外で食事してる時とか一瞬、周囲を気にしてしまう自分がいる\(//∇//)\
しゅんちゃんは、そんなのおかまいなし。
そもそも、地声がデカイ。

宇宙連合は未だによくわからないけど、宇宙人は存在すると思っている私、かずみんでした♪



2017年3月30日木曜日

仕事に呼ばれるって、ほんとかな? By かずみん


前職を昨年末に退職した。
きっかけはさておき、自分のやりたいことがあるから辞めたはずなのに、
なかなかはじめの一歩が踏み出せなかった。
「まだまだ自分はスキル不足なんじゃないか?」自信も勇気もなかった。

結果、時間だけが過ぎて、生活のため今月3月から派遣で仕事復帰した。
安定した収入を得るため慣れた事務職に復帰することは、自信のない私にとって安全な逃げ道でもあった。

いざ仕事が始まると、「あー!やっぱり私がやりたいことはこれじゃない!」
毎日デスクで考える。
もちろん、こうして仕事があることに、出来ることに感謝してる。
労働環境だって恵まれてることに、ありがたいと心から感じる。

一方で。。
「仕事は自分で決めてると思っても実は仕事に呼ばれているんだ」という話も聞く。
今の自分に必要な何かを学ぶため仕事に呼ばれる?
としたら、私は今何を学ぶべきなんだろう??
頭の中、グルグル。。。

英語?
私の中途半端な英語をブラッシュアップするチャンスかもね!
今まで、プライベートでも英語を使う環境に恵まれてたのに生かせなかったし、なまけてた。
しゅんちゃんと英語で会話するか!(*`艸´)ウシシシ
彼はペラペラだから。

とにかく、この仕事と並行して、自分のやりたいこともかたちにしよう!

今までの私。
一歩踏み出しては、止まり。。後戻りしたり。。
でも、今度こそ、このパターンから脱却しよう!
次に呼ばれる仕事は、私が本当にやりたいことであるに違いない(早く呼んでー)。

この仕事を辞める時、本当に好きなことを仕事にして笑ってる自分を想像して楽しくなった♡(*^^*)






くろちゃん By しゅんちゃん

くろちゃんは最近お母様が天国に引っ越したこともあり、現在心の整理中。

そして今週はインフルでダウン中。

この前、この共同ブログのブログ隊長をお願いしたはずが、まだブログを見てさえいないことが判明・・・くろちゃんらしい(笑)。

もう少しで、スイッチが入りそうな気もするが、まだ登場する気配がないので、今日は僕が勝手に紹介しちゃいます。

くろちゃんは僕とは結構真逆で、これまたユニークなウチュージン。
体系も性格も経歴も・・・その辺は本人が近いうちに自己紹介してくれると思うので、端折る。

でもスピリチュアルな価値観はものすごく近い・・・カラーというか、視点が近いのには驚愕。

それもそのはずで、ひろみんによると魂レベルでは僕の女房役らしい・・・でも女房役が男って意味わかんないし・・・(笑)
でも、自分でも腑に落ちるのが悔しいところ・・・。

腐れ縁というか、魂の悪友という感じか・・・

とにかくこれから始まるぼくらの壮大なプロジェクトを一緒にやると決めてきているらしい。
そして、どうやら事業の成功には、くろちゃんのユニークな視点のアドバイスが不可欠のようだ・・・。

ちなみに現在彼女募集中らしい。

くろちゃんとの最初の出会いは2011年5月。
場所はアラスカ。
沖縄の神人(カミンチュ)比嘉良丸氏が「13人のグランドマザーによる世界平和会議」に特別ゲストとして出席。
彼はその頃比嘉良丸氏のスタッフとして働いていた。
僕はシアトルの製薬系ベンチャー企業で、財務取締役をしてた頃。
いつものように勤務中にネット・サーフィングしていて(笑)、このイベントを知り、急遽ボランティア・スタッフとして応募し、アラスカまで駆けつけた。 
そこで比嘉良丸氏から伝えられた、宇宙連合から僕へのメッセージを書き起こしてくれたのがくろちゃん。
ここでも色んなエピソードがあるが、今日はくろちゃんの紹介記事なので、またいずれ。

話は変わるが、今日、何年か振りに、昔ひろみんとくろちゃんと海を越えて密に連絡し合っていたころのメールを振り返ってみた。

以下は2014年の4月にひろみんと、ひろみんの生徒さんのりえちゃんに彼がヒーリングを受けた後のメールでのやり取り(上から時系列)。

今日はこれを勝手にシェアしちゃおうかと・・・へへへ

普段は恥ずかしいのでくろちゃんに対してはあまり褒めることはしないが、これを読めば、きっとくろちゃんの秘めている凄さが分かるだろう。

くろちゃん、ガンバレー、きっとこれを乗り越えたら完全にスイッチはいっちゃうぜ! しゅんちゃん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひろみんからみんなに宛てたメール(2014年4月11日)

題名:くろちゃんのヒーリング中に感じたこと

まず最初に全体の気の流れを整えた後、
耳と目、それから喉と口のヒーリングが必要だと感じて、そこをさせてもらいました。

耳と目に関しては、もう聞きたくない。見たくない。怖くてたまらない。すぐにでも逃げ出したい!という、ものすごく強い恐怖を感じました。

その後、喉の調整に入ったのですが、

喉に触れていると、くろちゃんが拷問を受けているvisionがたくさん出てきました。
(嫌な情報でごめんなさい(>_<))

相手は、くろちゃんが全情報を握っていると思っていて(実際、そうなのですが)、
「吐け!(お前の知っていることを)吐かないかっ!」と怒鳴りながら、くろちゃんを苦しめていました。

でもくろちゃんは、最初から、みんなを守るために絶対に口は割らないと決めていて、
何をされても、どんなに苦しくても、一切情報を出さずに耐えていました。。。

その姿を見ていたら、涙がとめどなく溢れてきて、嗚咽のようになりながらヒーリングしました。(これは私だけでなく、グループ全員の想いだったような気がします)

その後、口の調整に入ったのですが、またvisionがやってきました。

くろちゃんが牢獄のようなところに閉じ込められていて、くろちゃんは自分が口を割らないように、自ら口(と口の中)を火で溶かして(火傷させて)、口が開かないように癒着させていました。。。

くろちゃんは毎回、何があっても、どんな時でも、みんなを守り続けてきてくれたんだということが強烈に伝わってきました。

そのvisionを見ているといたたまれなくなって、「お願いだからくろちゃんを助けて!」と心の中で叫びながらヒーリングを続けました。

ヒーリングしながら、これだけのものを背負ってこられていたら、怖いのは当然だ、、、という感じがしました。
(くろちゃん自身は、特に怖いという感覚はないかもしれないのですが・・(^^;))

下半身の調整をした時には、「怖すぎて、地に足をつけられない。すぐに姿をくらますことができるように、常に動き回っていたい。」という感覚がやってきました。

あとは頭の方に「もうあんな思いはしたくない。余計なことには首を突っ込みたくない。自由でいたい。」「あれこれ理由をつけて、そこに入らずに済むように、うまくかわしたい」という想いが見えました。
(もちろんどれも無意識のことなので、くろちゃんはそんな風に思ってないことはわかっています~♪)

他にもたくさん、過去生から持ち運んできた傷が出てきたのですが、残念ながらほとんど覚えていなくて、シェアできなくてごめんなさい(>_<)

でも、どれも、そろそろ手放す(手放し始める)時にきているようで、ここから楽になっていくようです。(よかった!)

覚えているのは、くろちゃんからものすごく大きな羽が生えてきて、大きな天使の姿になって(羽も体も金色でした!)、まばゆい光を放ちながら、たくさんの天使に囲まれていたこと♪

それから、くろちゃんのハートにはものすごく大きな愛のエネルギーがあって、それがドクンドクンと動き出したこと♪

今回の人生では、決して怖い思いをすることはないし、マズイ状況にもならないようなので、これから徐々に安心感が出てきて、プロジェクトを楽しめるようになるようです。

以上が、ヒーリングをさせてもらって感じたことでした☆

くろちゃんは、純粋できれいな光を放つ、愛に満ちた天使さんなんだな~っていうのが一番の印象でした。

また、ヒーリングが必要だと思ったら、いつでも声をかけてくださいね。

それではまた!

ひろみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しゅんちゃんからみんな宛て

くろちゃん、
よかった、よかった~。

それにしても凄まじいね…根性あるよ…みんなのために本当によく耐えてくれたね! 少し見直したよ(笑)

本当に過去生ではみんな大変な思いしてきたんだね…

でも今回はだいじょうぶ…みんなでうんざりするほど楽しも~。

俊介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
りえちゃんからみんな宛て

くろちゃん、
よかったよかった~(;▽;)

くろちゃんの過去生の傷を読んでいたら、
私の方もいたたまれなくなって、やっぱり全体の想いとすごくリンクしているんだな、って感じました。

くろちゃん、このタイミングでヒーリングを受けることができてよかった!

しゅんちゃんの言うように、これからうんざりするほど楽しもう~♪

りえ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
くろちゃんからみんな宛て

りえさんへ

この時期にお二人のヒーリングを受けたことに感謝です!

こぐれさんへ

次に拷問を受けたら「首謀者はこぐれです」とバラしますから大丈夫です
なんかこのパターン、何度かやってるような気がしますよ
近い歴史だと大本弾圧にも絡んでるんじゃないかな…

別に今生で大本に入っているわけじゃないけど、
王仁三郎関係者に楽な仕事でいろいろ食わせてもらってるんですよね…
職場で足に絡んでいる人も今気づいたんですけど
昔のことは手放した方がよさそうですね

黒田

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しゅんちゃんからみんな宛て
> 次に拷問を受けたら「首謀者はこぐれです」とバラしますから大丈夫です

そうそう、笑えるね。僕も宇宙連合のせいにするから(笑)

> なんかこのパターン、何度かやってるような気がしますよ…昔のことは手放した方がよさそうですね

やってるね。僕も拷問とか逃亡する過去生とか、馴染み深いよ。オリオン大戦の夢もほとんどが仲間数人と地下とかで逃げる夢ばかり。
よくドラマで犯人が逃げるシーンで 「そうじゃない…ここにこう隠れるんだよ…あんなんじゃ全然甘い」ってなことをいつも思う。
僕たちはきっと逃走のプロに違いない。まぁそんな過去があるから、今の自分があるんだけど、もう、そろそろそういうのは全て手放して愛に預けちゃいましょー、そして思いっきり笑ってやろー!

俊介
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、くろちゃんでした。

おわり


バシャール : 創造の4つの法則 By しゅんちゃん

創造の4つの法則:バシャール

質問者 (A):「いつも自分が一番ワクワクすることをするということですが・・・」

Bashar (B):「はい」

A:「10分前には、違う現実にいたということですね」

B:「はい」

A:「ということは毎回パラレル・リアリティを移動しているんですか?」

B:「そうです。いつもです。毎秒毎秒です。」「たった今 たった今」
「たった今 たった今 たった今 たった今 たった今 たった今・・・」
「今言った瞬間のすべてが違うパラレル・リアリティです。」

A:「では私たちが、傷ついたり苦しんだりしている場合も・・・それも同じようなことですね?」

B:「もちろんです。皆さんは自分の発する一番強い波長を反映するパラレル・リアリティに自分自身を投影します。 自分の与えるものが自分の受け取るものです。 これは『創造』の3番目の法則です。」

「『創造』にはたった4つの法則しかありません。これは3番目です。」

1番目の法則:「自分は存在する。」 これはどうにも出来ません。変えられません。皆さんは存在しています。そしてこれからも何からの形で常に存在します。

2番目の法則:「一つのものが全てであり、全ては一つのものである。」 これも変えられません。

3番目の法則:「自分の与えるものが自分の受け取るものである。」 これも変えられません。

4番目の法則:「変化することだけが変わらない。ただし最初の3つの法則は除く。」
これだけです。」

「あらゆるリアリティ、あらゆる経験、あらゆる次元、あらゆる場所、あらゆる時間が、この4つの法則の何らかの組み合わせです。」

「参考になりますか?」

A:「はい、答えて貰ってほかにもいろいろありがとうございます」

B:「皆さんの永遠性に感謝します。

皆さんの時間で、今この時に一人一人が思い出してください。

皆さんはそれぞれの理由があって、地球の今いる場所に生まれることを選択しました。

それは冒険です。

それはこんな冒険です。
自分という存在のあらゆる面を使って、向上させるための冒険です。
どうか覚えていてください。

暗すぎるような状況だったり、ひどく落ち込んでしまいそうになったり、自分の周りで起きることが耐え難いような時、もし本当に光が必要な時は、まず自分が明るくしてください。

他人の判断は気にしないでください。
人生に他人の荷物は必要ありません。

皆さんは自分に本当に必要なものだけを携えてやって来たのです。

何であれ他人があなたの人生に必要だと考える他の荷物は必要ありません。
捨ててください。

物理的にスピリチュアルに手で振り落として、この地球で胸を張ってそして軽やかに歩み出してください。

自分と何も関係もない重荷を背負って沈み込んだりしなければ皆さんは大きく加速します。

皆さんが本来の自分にもっと近づくほど他の人すべてが本来の自分になる選択をするのを実際もっと助けることができるのです。

なぜなら皆さんの手本によって他の人も自分もそうなれるということがわかるからです。必ずしもそれを選ばなければならないというわけではありませんが、せめて選択肢を示すことが出来ます。

皆さんが自分の喜びや愛ワクワクを選ぶことによってそしてそれは必ずうまく行きます。

『創造』の中には、自分がした選択に反するものは存在しないのです。

それが自分の好みだと一番強く信じられる選択に対しては、『創造』の中には、自分の選択に反するものは存在しません。

人生には自分を遮るものはありません。

人生で起きることは全て自分がそれを思い通りに使うために起きるのです。

それを自分の好きなように使ってください。
好きなように見て感じて経験して充実させることが出来るように見て聴いて感じて味わって香りを嗅いで触って起きることすべてがそのような心の状態が手掛かりとなります。

いつもそのような心でいてください。

皆さんにはそれが出来ます。

そうするために他の理由は必要ありません。

ただ自分自身でいてください。

なぜならそれが自分だからです。
『創造』の目から見ればそれで充分なのです。

自分の必要性を証明する必要もありません。

なぜならもし皆さんに存在する価値がないのなら、信じてください、皆さんは存在しなかったでしょう。

しかし皆さんは存在します。

そして『創造』の目から見れば皆さんが大いなるすべての一部であることが必要であり、重要に違いなかったのです。

皆さんがいなければ、皆さん一人一人が私たち一人一人が「創造」の中の一つ一つがそれらすべてが存在しなければ、決して大いなるすべてでは有り得ません。

皆さんのそれぞれが大いなるすべての一部となってください。

自分が望む様々な形で、それが皆さんの生まれながらの権利です。
魂の権利です。

私たちとこの交信と分かち合いをしてくれたことに深く感謝します。

そして皆さんがくれた贈り物、皆さんが選択して表現している「創造」のユニークな一面を私たちに体験させてくれたことに深く感謝します。

それによって、私たちの目が開き「創造」が数多くの方法で、自分自身を表現しているということが分かるのです。

ありがとうございます。

皆さん楽しくワクワクするような一日を過ごしてください。」


(しゅんちゃん) いつもありがとう、バシャール。

出典元: YouTube Mandalacast様より

注:バシャールは出来れば音声を聴いてみてください。これは日本語字幕付きです。やさしいトーンのダリルさんからは想像もつかないくらいのパワフルな声(=エネルギー)ですよ。


2017年3月29日水曜日

ぼくらの成長日記 By しゅんちゃん

「まずは身の丈に合ったことから始めたら?」
「自分に出来ることからコツコツと・・・」
「生活の基盤を作ってから始めては?」
「壮大な夢ですね・・・どうやって実現させるの?」

どれも、僕のことを想っての親切心からくる助言だ。
そして、きっと皆さんの言うことは全て正しい。

でも、やっかいなことに、正直どれもキライなんだな・・・これが。
性に合わないというか、長続きしないんです。

宇宙連合の兄弟姉妹からよく言われる。

「宇宙の法則使えよ~」って・・・

思考は現実化する、引き寄せの法則、瞑想して内観しなさい、恐れと対峙して手放しなさい・・・スピリチュアルの世界に興味がある人なら誰もが聞いたことがあるこれらのセリフ。

でも、ここで宇宙連合のみなさんに苦言を申す!

宇宙兄弟姉妹の皆さん、この地球という重い波動の次元で、まるで虐待を受けた幼児のように巨大なトラウマを抱えながら、自分の叡智と絶たれた状態で、それでも今を生きようと必死にもがいた経験ありますか? 

僕たち地球人の置かれた状況を本当に体験を伴った形で理解してくれていますか? 

要するに、もっと実践的で、効率的で、具体的な方法をわかりやすく教えてくださいよぉ~。

地球で転生したことのない、愛の波動で満たされた天国みたいな環境に身を置く、宇宙人たちに「宇宙の法則つかえよ~」って、言われても机上の空論としか思えない。色んなことを口で言うのは簡単だけど、それを実践して、地球人特有の固定観念を外すのはタイヘンなんです・・・これすらも手放すべき信念体系なんでしょうけど・・・でも、タイヘンなんです!

いくら愛の世界が如何に素晴らしいかを実感したいが為に、この分離の波動の世界に自ら志願して来ているとは言ったって、さすがにもうそろそろお腹一杯なんです。

もう地球特有のこの「苦しみ」の概念、もう十分な学びを得たと思うし、うんざりなんですけど。

・・・っていうのが、ほとんどの地球人の本音ではなかろうか?

僕はこのブログを仕事に結びつく情報発信といったよくあるブログではなく、敢えてTruthersのなかまの成長日記という形にしていきたいと思っている。

目的はひとつ。

実験・・・(笑)

もし成功したら、僕たちのこれからの生き様を参考にしてもらいたいから。

お金や権力、ブログ・アクセス数や影響力もない、まだまだ波動の粗いぼくたち素人たちだからこそ出来ること。

既に成功しちゃってる人がサクセス・ストーリーをシェアしたところで、
「この人は特別でもともと才能があったんだね~」とか、
「ラッキーだね~」とか、
「自分にはマネできないぐらい頑張ったんだね~」
・・・と大半の人は思うだろう・・・人間だからね。

でも、何も持たないゼロからスタートする無名の僕たちが、「わたしたち偉い先生が教えますよ」・・・じゃなくて、みんなとおんなじ目線で、一緒に遊んで、笑顔で最高に楽しみながら、ひとつのアプローチにこだわらない自分に合ったものを見つけて、実践していき、成長していく。

宇宙の法則だって、全てを駆使して、これからどんどん地球人に適した、もっと実践的で、現実的で、具体的な方法をどんどん引き寄せて、バリバリに使っていくんだ。

ここで宣言します~

僕たちはこの事業を通してみんなで成長し最高の豊かさを手にしている。
富・・・欲しいものが欲しい時に手に入る富(お金はあくまでも手段)、
愛・・・決してお金では買えない友情や家族愛・人間愛・愛し愛される関係
健康・・・心身ともに元気な真の健康
時間・・・好きなことが何でもできる時間
笑顔・・・やっぱり笑いは幸せのバロメーターだよね

これからの僕たちの変身を目の当たりにして、

「へぇ~、こんな生き方もあったんだぁ~」
「こんなに簡単なことだったんだねぇ~」
「この地球という星もまんざらじゃないねぇ~」
「わたしも仲間になって一緒に笑いた~い」

まるで何かのドラマや映画を見るように、みんなと一緒に体現していく。

そんな成長日記をみんなで1ページずつ創っていきたい。

しゅんちゃん


2017年3月28日火曜日

ごあいさつ〜縁あってブログメンバーになりました By かずみん

まずは。。
はじめまして&こんにちは(*^^*)
かずみんです♪
ご縁があって、このブログメンバーになりました。
この4人の中では1番普通の人。。笑笑

2016年11月、エンジェルがきっかけでしゅんちゃんと出会い、その後くろちゃん、まりちゃんと出会えた♡
この辺りのお話は後日かな。

私にとって激動の年だった2016年。
2017年からは良いことしか起きない!
春分の日から本格的に2017年がスタートしたらしい。
しかも今日は、春分の日以来初めての新月だから、新しいスタートを切るにはもってこいだって!
ややミーハーの私は、こういうのに乗っかるのが好き(*≧∀≦*)
なので私の1発目の投稿は新月の今日☆
偶然だけど。。いやいや全ては必然?
とするとこれも意味があるのか。。興味深い!

このブログを書くことで、きっと色々な気付きがあるんだろうなぁ〜楽しみ♪(*^▽^*)



2017年3月27日月曜日

しゅんちゃんブログでカミングアウトされとるがな By まりちゃん

〇〇って天使のことぬかしといたのに、しゅんちゃんブログですでにビックなカミングアウトされとるがな。。。。。


マッパになったようで、恥ずかしい。


あれは、なかったことに、、、、笑


自分のもっているギフト、をギフトと思えなくてずっと押し込んできたけど、それじゃいけない、と存在表明するために、リーディング、ヒーリングセッションを数年前に始めました。

それを始めたきっかけをくれたのは、2010年か、そのあたり(記憶もあいまい、にしてる。)、人口死産させたこと。

原因は羊水過小、という羊水が少なすぎて、肺が発達せずにおなかの中では生きられるが、外にでたら呼吸ができずに死んでしまう、という診断だった。

そのとき、私は、まるでこのことを知っていたかのように、普通では考えられないくらい冷静だった。
そして、「他の人にも苦しい思いをさせてしまうかもしれないよ。」という一言に、「じゃあ」と決断を下した。

次の日は堕胎の日だったが、まだ、おなかの中では生きていたし、それを自力でだすという、非常に苦しい、本当に苦しい時間だった。


そして、一か月後、その時の手当が悪かったということだったが、大量の出血をしてしまい、生命の危機にさらされた。

これまでもスピリチュアルな出来事はあったが、自分から求めだしたのは、この時からだった。

この人口死産の前後には、本当に様々な不思議な出来事がたくさんあった。

妊娠したその直後には、親子の蛇が寺からでてきて、その子蛇を踏み殺すという象徴的な夢を
みていたし、そんなことが起こるなんて予想もしていなかったころに、その子が実際に目の前にあらわれたこともあった。

人工死産した一か月後、出血のために病院にいったときのことだが

病院にいったときは、すでに大量に出血した後だったのだが、私はとても冷静で、担当のドクターが「このまま様子みで、かえってもらってもいいんじゃない?」といったぐらいだ。

しかし、そのとき、若いドクターが上のドクターをおしきって、僕たちで治療させてください!!!とお願いしてくれて、その後、検査したら、「え~!?、、、、」と私の顔をみて、「よく無事でいられましたね。輸血しまくります。」と。私はそのときは、さすがに意識がもうろうとしてきて、たぶん「おねがいしまふぅ。」とかろれつがまわってなかったと思う。


そして、緊急手術がはじまり、あぶなくて全身麻酔はしてもらえなくて、意識はもうろうと手術が進行するのをとらえていたのだが、

いきなり、場面がきりかわり、私は、真っ青な空とふわふわした雲の間を、衣のようなものをきて、迷いなく飛んでいた。そして、世界の中心には、天と地をつなぐ仏塔がそびえていて、真ん中にブッダアイがあるような、そこに向かっていた。

心地よかった。

それなのに、また気づいたら手術台にいて、終わった後、担当してくれた女医さんが

私の顔をしっかりみて、手をぐっとにぎって「よく、がんばりましたね。」と意義深げにいっていった。

看護師さんも「本当に大変でしたね。もう、大丈夫ですよ。」といってくれて、「え?もしかして、私、死にかけてた~?」と思ったけど、聞くタイミングを逃して、退院してしまった。

そこまでは怒涛の流れのようだったが、子供を亡くした苦しみは、時がたってもなかなか癒えることがなくて、さらに、その後も夢にみたことがなんなのか、確認したくて、いろいろなところにいった。

苦しい時間だった。

砂漠で水を求めるような、そんな感じだった。


その時に、しゅんちゃんのお母さんにあったのだった。

そこは心地よいドームハウスで、周りは森だった。

その森は、きめ細かく、そしてキラキラしたエネルギーに満ちていた。
エネルギーの高い森は、すぐにわかる。必ず、キラキラしていて、そして本当に繊細に、細かく振動しているから。

そこに尋ねたとたん、「あなた、星の人じゃない?」といわれて、すごくぶっとび発言なんだけど、しゅんちゃんのお母さんがいうと、とても自然に聞くことができた。

とても、素敵な人だった。
あたたかく、気づかいがこまやかだけど、豪快。
もっと、お話をしておけば、よかったと悔やまれる。と書くと、しゅんちゃんが、チャネすれば?といいそうなので、やめておこうかな。

そして、そこで、しゅんちゃんが一押しの見てくれる人がいるから、いってみなさいよ。と連絡先を教えてもらったのが、ひろみんだった。

埼玉にセッションルームがあったのだが、いくときに、私の隣にずっとだれかが坐っているのを感じていた。なんか、宇宙的な、、、、そのころ、頻繁に宇宙のどこか、みたいなところから情報の塊を受け取っていたころだった。

そして、セッションルームにつくと、「隣に宇宙の人がおるよ。アンドロメダっていってる。」

そして、「いつもは事前にメッセージがどんとくるんだけど、まりちゃんのは全然こない。」といわれたのを覚えてる。それでもなんとか、つながってもらうと、ラクシュミとかババジとか、やっぱそっち系ばかりきて

そのとき、「どうやったら、そうやってコンタクトをとれるのですか」とひろみんに聞くと

「え?簡単よ。ラクシュミとつながります。っていえばいいんだよ。」と教えてもらった。

やってみたら、簡単にできるじゃ~ん。な~んだ、こんなことだったのか。と思ったのを覚えてる。

難しいことも、難しいと思わせずに、すべてを伝えてくれる、そんな人だった。彼女のくれる情報はとても的確で、あたたかくて、相手をなんとかいい方にいけるように一生懸命親身になってくれる。

とてもすばらしい出会いだった。

そして、その最初のセッションの帰り、小さかった娘はもう寝ていたのだが、3時ごろめを覚まし、

「ままのことね、うちゅうじんも、りゅうも、かみさまも、みんながまもってくれてるんだよ。だから、だいじょうぶだよ。」

と伝えてくれたのだ。

そんなこんなで、これまであまり意識的に体験してこなかったことにむきあって、やったるか、ってな感じで、今にいたります。

だいぶはしょっちゃったよ。

もう寝る。

おやすみ。

今日、久しぶりにきちっと〇〇と向き合おうと思ってやってみた。By まりちゃん

いや~。〇〇って。

どれだけ抵抗があるんだ、と我ながらつくづく思います。

人前では絶対にいえない、、、、天使なんて 汗

と思い続けて、人前で言わなくちゃいけないときには、目が泳ぐ泳ぐ。

天使 という二文字が浮く浮く、、、、。

すみません。天使たち。


でも、本当に助けてもらってます。いつも。昔から。

だから、ちゃんと向き合わなくては、と思って、しかも、なかなか、打開できない感じのするこの状況に「助けて!」とお願いしました。


ちゃんとわかるように、サインを送ってね。

ともお願いをしておき、


さあ、今日もブログでも、と思ったときに、別の仕事の書類などを先に片付けてしまっていると


「今日、どれだけ自分のために時間を使った?」

え?

「今日、どれだけ自分のために時間を使った?」

鈴なりのような声

いえいえ。全く自分の時間使ってませ~ん。

そもそも、子育てと24時間体制になるときがある仕事と掛け持ちで、自分のために使う時間、って忘れちゃったのよ。

え~。。。。。何すればいいのう?自分だけの時間で。。。。
焼き鳥たべて、ビール飲む?(発想が貧困)
それともガーリックトーストかポテトつまみながら、ワイン?

困惑しております。はっきりいって。

なので、自分の時間をたっぷりと過ごしていたであろう、大学時代を思い出してみました。

旅行かなあ。でもいつもストレスっていうか緊張してたしなあ。
日々の自分の時間って、何だろう。


と思っている間に、鼻つまった子供があ~んとか泣きよるし。

書くことかなあ。
でも、魂がこう、クワアッっと喜ぶん感じでもない。
私、書くことは垂れ流し式でバンバンかけるから。全然負担なく。

だから、エキサイティングでもなし。


う~ん。

取り急ぎ、私はインフルエンザにかかっており、熱のないふりをして、微熱のところを毎日アクティブに活動しているから

寝ること

かな。

そういう時間も、なんだかんだやっちゃうのよ。私。

忙しいのは好きだからね。

でも、いつもパッションを感じていたいのね。


でも、今パッションの向かう先が、アンテナがようやっと動き出したところで受信中。

てなわけで、天使って、痛いとこついてきました。



ここにいたるまで・・・By しゅんちゃん


まりちゃん、雪崩式のブログ投稿、恐るべし~~ありがと~~!

以下は、まりちゃんの記事「ここにいたるまで そしてこれから」
に対する僕バージョンの「ここにいたるまで」をかいつまんで。

だって、このまま言われっぱなしじゃーねー ()

2016年9月27日に76歳で母親が天へ凱旋。

変わった母親で、あの世代にはめずらしく、僕が子供の頃から、宗教の枠を超えた「宇宙の法則」を教えてくれていた僕の良き理解者であり、僕がどうしてこの母親を選んで生まれてきたかは聞くまでもない。母親の話はまたいずれ・・・。

既に母親が自分で選んでいた散骨式を手配できる小さな葬儀場で葬式をした。母の遺言により母との別れを祝福するために、参列者全員なるべく派手な服できてもらうという、一風変わった葬儀。私も母が、生前着ていた真っ赤でド派手なアロハシャツで喪主を務めた。この話も長くなるので、割愛…またいずれ・・・とにかく、そんな感じの母でした。

母が自宅のドームハウスでヨガを教えていたこともあり、まりちゃん(生徒さん)と母とは親交があった。僕も母よりまりちゃんの名前だけは聞いていたものの、母の葬儀で初めて対面することとなる。

僕は母が繋いでくれたご縁を大事にしたい思いで、ピンときた数名に声をかけ、葬儀の次の日に夕食会をセット。

そのひとりがまりちゃん。

夕食会にまりちゃんは、ネパール出身のご主人と、まりちゃんをそのままちっちゃくしたような、元気ハツラツ子供3人と一緒に、おいしいカレーを持ってきてくれた。

2015年に天国に引っ越した、とっても優秀なチャネラー・ヒーラーで長い間いろいろお世話になった(現在進行形かな…笑)、生涯の恩人、ひろみんより、まりちゃんの名前は聞いていたものの、詳しいことは聞いてなかった。そして、まさかこの食事会から、こんな展開になるとは思いもしなかった・・・

僕のまりちゃんの第一印象・・・観音様みたい。

オーラとか霊性とかじゃなくて、単純に「ほとけ顔」なんです・・・いい意味でね。
後でご実家がご仏壇屋さんと知って、納得・・・()

そして、まりちゃんは子どもの頃からの天然のチャネラーでありヒーラーさん(呼び方はなんでもいいんだけど・・・笑)。僕もそっち系の人は大好きで、これまで日・米で大勢の人と多分100回近く、個人セッションをとってきたからよくわかるが、才能溢れるとっても優秀な高次元とのコミュニケーター。

まりちゃんの本領発揮はまだまだこれからでしょうけどね・・・ものすごい才能を秘めている感じ・・・きっと一年後、2年後にはすごいことになっちゃってる・・・そんな印象でした。

まりちゃんの記事「ここにいたるまで そしてこれから・・・」で、散々イジられた通り、僕は母親の葬式の翌日というのに、結構ノリノリ・・・でも本当に楽しかった・・・母親には感謝の気持ちでいっぱい

いつものことなので、何を話したかはよく覚えてない。でも確かに結構いろんなこと話した気がする。もちろん宇宙連合の話なんかもね・・・()

僕は色んな話をするものの、これまで「この人面白い~会いたい~」って思った人に会いに行くのが、言ってみれば趣味で、実際にそういう裏の世界に携わっていた人から直接聞いているケースが多いので、僕にとっては当たり前の話。

宇宙連合のことだって、母船にお呼ばれされたことがあるので、冗談でも何でもない。属しているグループもなんとなくわかってる。

まぁ、でも食事会で医療大麻の話をしたときに、まりちゃんの様子が変だったのはなんとなく覚えてる・・・ほとんどの日本人に勘違いされている、大麻も、もともと大学教授やマリファナドクター(お医者さん)と連携してシアトルでヒーリングセンターを作ろうと思って、本気で研究していたので、僕にとっては単純に「地球上でとっても重要なベジタブル」。嗜好目的はどうでもいいが (むしろ医療目的にとって害になってる)、さまざまな病気の治療薬として必要としている人が大勢いる。

話を戻す・・・で、食事会でまりちゃんにいきなりチャネってもらった()

最初は母親に繋がってもらおうとしたが、音信不通・・・やはり亡くなった後49日は忙しいらしい・・・
そして、前述のお世話になったチャネラーのひろみんが出てきた。

「ひろみん、おひさしぶり~いまどこにいるの?」

「今6次元にいるの~、でもこれから11次元まで上昇していくのよ~」

「へぇ~、6次元のどこにいるの?」

「空間自体が私なの~」ってな感じ。

(途中割愛)

「実はしゅんちゃんのお母さまが15年前にこのドームハウスを建てた本当の理由は、しゅんちゃんが将来そこで事業を立ち上げるためなんですよ~」

「え~そうなの~?それって、いつ頃?」

「しゅんちゃんもわかってるよね? いま直ぐよ~・・・」

事業を立ち上げることは決めていた・・・そのために日本に帰ってきた。ただ需要と僕の事業の必須条件となる専門家・協力者の地理的条件から、関東近郊って決めつけていた。

10秒考えて、その場で決心・・・「よし、浜松の三ヶ日で事業立ち上げる~」

母親が僕の事業のために残してくれた、愛情たっぷりのドームハウス・・・そして、僕の前にいる、まりちゃんが協力してくれれば、事業は始められると確信。

その頃、僕はアーユルベーダ上級ティーチャーの自然療法の先生のお手伝いで、仙台でサラリーマンをしていた。そして、夕食会の数日後、会社に戻った復帰初日の朝礼でこう言いました。

30年近く離れ離れで親孝行もろくに出来なかった僕に出来る最高の親孝行は、母と僕の共通の想いを実現させること・・・ということもあり、誠に勝手で皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今月いっぱいで会社を辞める決心を致しました・・・今まで本当にお世話になりました。」

ということで、2016年の10月末に三ヶ日の田舎に引っ越してきた。

そして、ようやく、なんかよくわからないけど、楽しそうな旅が始まった。

まりちゃん、ありがとね~! 

そして、イライラさせてごめんちゃ()

最後にまりちゃんに苦言をひとつ。
「しゅんさん」でなくて、「しゅんちゃん」でヨロシク! 

僕もちょっと恥ずかしいけどね・・・()


2017年3月26日日曜日

マルンガイ 好転反応来たか。。。!? By まりちゃん

マルンガイを食べ始めて好転反応が出るという話。

どんなもんなんだろと楽しみにしていたが、食べて2週間したら、

・心臓あたりが強烈に痛くなった
 ⇒これは、病院にいけー!!と普通の人なら思うだろうけど、実験だから、行きません。進めないでください。好きでやってます。

・5年前の手術後がひきつるような感じになり下腹に違和感があった。

・自分が捨てなくちゃいけないような過去からひきづってきたあれやこれやがでてきて、捨てざるをえなくなった。

・家がこれまでにないくらいどーでもいい感じになっている。
 ⇒ これは私の掃除嫌いもあるんですが、必要に応じてやっていたこともできなくなってきた。


そしておとといから、なんとインフルエンザA型になってしまったのだが、体の熱があがり、(はかってません。マルンガイ食べてるんで)めっちゃ熱くなって、たぶん40度はこしたかな。くらいあがって

そして今朝、両手の内側にかゆみやはれがあり、熱は下がっていました。

薬、飲んでいません。マルンガイ、飲んでるんで。実験なんで。


咳は今日かなり残っていて、少しふらふらするけど、熱、ない。あったとしても、超微熱。


これはマルンガイのせいか、わかりませんが、マルンガイしか飲んでいないことは確かです。


さ~早く水便でないかな。

でたら引き寄せ1000倍なんだって。

ちょ~楽しみ。

文句や批判はいりません。人生を純粋に楽しんでいるので。

じゃあまた次回。

2017年5月9日に静岡県浜松市浜北区でマルンガイセミナー開催!
主催は私じゃなくて、しゅんちゃん。


会場はきまり次第、発表するそうです。

しゅんさんのブログみてください。

でも怪しいコメントがあったら、無視してください!

ちょっと、しゅんさんもかずみんもブログ書いてくれい  By まりちゃん

しゅんさん主催だからね。

私だけはりきってるみたいじゃーん。

結構恥ずかしいから、他の人たちも書くように。

クロちゃんは事情により、後日執筆で承っております。

マルンガイ 食しはじめました。変化はあるのか!? By まりちゃん

私は 3月4日よりマルンガイを食べている。

マルンガイというのは、モリンガという人間に必要なすべての栄養素を含んでいるスーパー中のスーパーフードで、とくにフィリピンのものは原種に近いものであり、通常のモリンガよりソマチットという微粒子をたくさん含んでいるということらしい。

私はそのフィリピン産のものを食べている。
食べていると、細胞がととのってくる関係で、体が丈夫になり、自己肯定感が強くなるおかげで、現実も好転してくるという。

ただし、途中、好転反応なるものがあり、一時的に症状が悪化する場合もあるとのこと。

そして、一連のソマチットによる体の修復やメンテナンスが終わると水便がでて、そのころには、引き寄せマックスな感じになるという。

しかも、これは口コミで広がり、購入できるのは会員になるか、会員になった人から。
いわゆるマルチ。

ちょっと聞くだけではすごく警戒するのだが、さらに宇宙連合好きなしゅんちゃんが主催。
どうしても、出てほしい、とのことで、いやいやながら出てきた。

でも、会場につき、ドアをあけ、ヒッキーさんが目に飛び込んでくると、疑いは一気になくなった。

その前にも、変化の前兆、数字の555をたくさん見るとか、会場に近づくにつれて、振動があがるとかあったけど、でもね~しゅんちゃんの紹介を聞くと、、、、と思ってしまっていた。

ヒッキーさんは、とてもクリアでバランスがよくて、色でいうとすきとおった透明の白銀だった。
だから何時間話を聞いても苦痛ではなくて、話もふに落ちることが多かった。

彼の中心にまっすぐ自分のエネルギーが届き、彼のエネルギーも私にまっすぐ届く、そんな感じ。


だから、そく購入。まずは試してみることに。

その日の帰りから口に詰めこむ。

味は、草。牛の食べるまぐさって、こんな感じだろーなーという味。

おいしい感じがする。

毎日たべつづけて一週間ぐらいすると、「れれれ?」

なんと、私は遺伝のバセドゥ病で、昨年末から悪化していたのだが、これまでに何年も感じていた底疲れがなくなっている。

そして、いろいろなことをする前にくよくよあれやこれや考えることがなくなった。

気持ちがまっすぐで、行動もまっすぐ。

余分なことはせず。

そして、身の周りの環境も整っていった。

しんどかった仕事が整理できた。

そして、やりたくない仕事は、強制的になんか見せられている感じ。

それが自分が行動を起こすのが5%の容量で変化ができていく。そんな感じ。

やりたい、やる、と自分の存在の中心から決めたものは、ほぼ徹夜でもできる。

コンスタントにマルンガイを取れば、翌日睡眠不足とかが体に響くということはない。


そんな感じだった。

次回はマルンガイの好転反応?を書きます。

しゅんさん主催のマルンガイセミナーは5月9日静岡県浜松市浜北区で行います。

全然おしつけもなく、ただ、ヒッキーとしゅんさんのやりとりを聞いているだけなので、気軽にこれますし、押し売りも一切笑 ありません。

ただ、しゅんさんのキャラクターが濃いだけです。

ではまた次回

2017年3月25日土曜日

今日ちょっと、戦いなのか、ヒーリングなのか、オポノポノなのか、それをしてた。By まりちゃん

今日、ちょっとした時間に、気になる人のことをについてオ ポノポノをしようとして、始めた途端

すんごいしばりがきて、おなかまわりきつぅっっ。。

体がどんどん固くなる。

やっちまったー。 オ ポノポノとみせかけて同調してしまった。


でも、外側からはそういうことはみじんも感じられない、立派な人でもあるから、まさかのまさか。
予想もしていなかった展開でしたが、内側はこういう感じのことをかかえていたのか。
これって、かかえているっていうより、別のなにかが入り込んでるよ。これもまた同調して。


集中して、同時にリラックスして、その緊張を感じ取る。おなかの身動きできないしばりを感じとる。

すると、様々な思い、記憶、制限、いろいろなものを見せてくれる。

そして、それをありのまま感じ、感じきることで、源に還していく。



そして、終わったら、水泳の後のようなさわやかな疲れと清涼感。何もないけど新しいなにかが始まった感じがした。


それで終了。


これってヒーリングなのか、なんなのか、わからないし、それを相手も感じているのかなんてわからない。

そもそも自分のためにはじめたことだから。

でもその人が気になるのは、自分自身に共通する何かがあるということ。

少なくともそれはなくなったんじゃないかな。

まあ、結構大きな出来事だったんだよ。

でも文章にすると、こんなもんかな。

ここらへんでちょっとスピな話を盛り込んでおこう マントラ By まりちゃん

いろいろ、私の文章は垂れ流し的に書くので、

しゅんさんに趣旨が違う、とかクロちゃんからなんらかの指導が入らないよう

ここでスピ系の話を一つ。

こうやってスピ系とカテゴライズするあたり、私もまだまだ自分を偽っている感があるのだが、まだどうやって、こう外にアピールするか決まってないんだよ。

だから許して。

え~っと、タイトルは、マントラ。

この前のネパールツアー企画会議でもでたんだけど、ネパール人はよく、マントラを唱えている。

一番有名なのは「オン マニ ぺメ フム」(心に蓮の教えを) というような意味なんだけど

このマントラを唱えながら、よく長~い珠数のひとつひとつを指でおくってる人をみかける。

もちろん、ネパールでね。

私のよく使っていたのは 「オン アー フム バジラ グル ぺメ シッディ フン」

これは、悟りにいたるという固い決意を表している、という感じだったかな。

よく使っていたわりには、説明できないじゃん。

あとはね、私がネパールでだんなが昔はよかったけど今はわからない。という評価のグル(ネパールでは民間の祈祷師とか霊能力者をこう呼ぶ)のところにつれてってくれたときには一つマントラをもらった。

ここでは公開できないけどね。


そのマントラは、彼女が幼いころシバ神がおりてきて、その後修行にいった先のグルからもらったものということだったけど、当時私は非常に疲れていて、そのマントラは癒しのマントラだったことからカトマンズのアパートで早速試した。

すると、部屋の床すれすれのところからエネルギー体がきて、足からはいって、私を癒してくれたのだ。

本当に、体も心も全体が、すごく波動の低かっただろう当時の私にマッチして、すごく癒されて、ひさしぶりに深く深く心地よい眠りについた。ということがある。

本当に、マントラは、人に属するものだ、と思う。

だんなの村でも、この人は、悪いマントラをもっている、とかあの病気を治すマントラをもっている、という話がよくでる。

そういうのも、人に属するからだろう。


私は、そういった総合的なレッスンもしているのだが、スピリチュアルのね。(あ、、ここもまた言葉をさけている。なぜかというとカテゴライズされたくないから。あと、したくないから。)

その生徒たちから、そうやって自分の才能を開花していくときに、だれから伝えてもらったか、というのは本当に大事なんですね。

といわれて、そうだなあ。と思った経験もあるのだが、確かに、私のレッスンは、非常に自分自身に集中することを要求し、そして人をコントロールすることを細部にわたって警戒するように。いつも自分の言動がどこからくるのかをみて、同じ出来事でも、大局的に、そして、その人が自分自身の力で毎瞬選択し、よりよく、軽やかに生きていけるようにする意味のあるアドバイスしかしてはいけない。と伝えている。

それは、私の経験からくるものもあるし、かといって大した経験はないのだが、私の本質がそうあるからだろう。


そして、実は、私もマントラをもっている。
私自身がずっともち続けてきたマントラで、たくさんの生がそれにむかってなされたのだ、と思う。


そうやってみると、すべてのマントラは、それを自分自身におさめた人が現した言葉なんだな。と本当にそう思う。

だからこそ、その言葉にパワーがあり、真実がある。

はじめに言葉ありき。

その言葉を発する意図があり、そしてそれが顕現する。

それがマントラなんだな。


そのマントラは、ネパールにいったらね。

2017年3月24日金曜日

10月にネパール行こうぜってわいわい計画練ってる。 By まりちゃん

ハイヤーセルフ問答といいながら

10月にネパールにみんなで行こうぜ、ってわいわい計画練ってる。

で、すんごいおもしろい旅になりそう。

これでぜったい、人、変わるぜ、っていう内容で

でもはたから見たら、ちゃんと世界遺産とか、ショッピングとかばっちりいってるんだけどね。

でも、要所要所がオリジナリティ炸裂、という感じに仕上がりそうです。


旅って、いいよね。

私は、なんていうか、旅っていうと、外国ってなる。

これまで南アジア、東南アジア、中米、オセアニアといろいろ旅したんだけどね。

観光地にたくさん行くよりも、マーケットいって野菜みたり、それ買ったり、

気に入ったところがあったら一か所で一日すごす、とかが好きかな。

一番、思い出に残ってる場所、っていうのはちょっときめられない。

その場所、その場所で違う風がふいていて、心地いいから。


病気シリーズもあるけどね、それだったら一番思い出に残ってるのは、ラオス。
下痢と高熱で、一週間くらい?倒れてた。

自力で治した 笑

でも最後のほうで、透明なものがでてきて、、、、

今、マルンガイとってるけど、水便の話聞くたび、それを思い出す。

でもラオスは主食がもち米でおいしかったよ。かご細工もかわいかった。

おいしい果物があったし。ンゴ、って現地で呼ばれてるライチっぽいやつ。



ネパールは、大丈夫。ちゃんと病院があるし、頼れるところもたくさんあるなあ。そういう意味では。

でもラオスは、なかった。こんな田舎、ネパールの山奥、のほうが勝つけど、それに近いよ。

ネパールでおいしいフルーツは、バナナ。マンゴー。あとちょっと勇気がいるかもしれないけれど、フレッシュジュースはおいしいよね。

うちのだんなは、ネパールのジョムソンのりんごがおいしいっていうけど、

そんなことないよ。やっぱ ふじ に勝つのはないよ。

でもそのジョムソンで飲むアップルタイザーや、アップルブランデーはめっちゃおいしいらしい。
それには興味ある。

最近は、たぶん日本の農業の専門家がはいって指導している地域から、ふじ とか かき とかが高級スーパーにおかれてる。

味は、日本のにくらべてこくと甘さは少ないけど、シャリシャリ感。でてます。

なんでも書いていいんだよね、この共有サイト?
私の文章とかブログって、垂れ流し的にだらだら書いちゃいまっせ。

ここにいたるまで そしてこれから By まりちゃん

このブログを書くにいたるまで、長い長い話がある。

でもまあ、とりあえず、ここに書くことに関しては、すべて私の等身大の話とする。

どっちかというと、ここまではストラッグルしてきていて、スムーズな人生の流れではない。

自分の気持ちとしては、どこにも属さず、誰ともくむことなく、気持ち的な余韻を相手にも誰にも残さず、やってきた。

だって、誰も深いところまではお互い理解することなんてできないだろうし、なんとなくそれを続けるのも面倒くさいし、なんかあって、傷つくのもいやだし、、、、。そんなこんなで一匹オオカミでいるのが、本当に苦ではなかった。

熱くなることのないように、全力を尽くさないように、本当の自分を見ないようにもしてきた。

でも、このブログの主催者、しゅんさんによって、自分に嘘をつくことができなくなってきた。


よく、人生での目覚めのとき、

例えば啓示があったり、なにか大きな出来事があって悟ったり、誰か影響力のある立派な聖者がなにかいってきたり、、、、、


そういうのがきっかけで目覚めるんじゃないかと思いがちだが、私のは違った。

目覚めがいやで、目をあけるのをしぶっているのに、しゅんさんが耳障りなイライラする話をしてきて、それで起きちゃった、みたいなのが近い。


大体、初めて会ったとき、それまでもいろいろな人と通してお互いを知っていたのだが、話をきくと純粋だが、あちゃー、みたいなところがあるっていう感じだったのだが、

本当に、あー、、、、。そういうことね。どーしよ。

という感じだったのだ。

だって~、人前で~、しかもそういう話を一切知らない人の前で

「宇宙連合が、麻が、闇の世界が、ヒラリーがトランプが、イルミナティが、うちゅうじんが、、、、」

という話を延々としだして、あげくのはてに

「と、そういうわけなので、まりさんここで、チャネリングしてもらえますか?」

「とりあえず、ちょっと前に他界してしまったけど、〇〇〇とつながってメッセージもらえますか?」

、、、、、って、みんなからの視線が痛いよ。。。
しかもメッセージ、ないし。

その時の自分の反応は、というとしゅんさんのリクエストに答えつつ、見事な中道な答えを言った気がする。

だって、私、自分のそういうところ、隠してたからね。はっきりいって。

しかも、チャネリング、とか宇宙連合とか、なんか時代を感じてしまって恥ずかしい、、、、、。

やめて~~~~!!

という感じ。私、二元性を生きてたし、そういう自分はまだ隠さなくてはいけない、とおもってたし、今もちょっと思ってるし、、、、、。


そんなこんなで、セッションも申込してくれて、したけど、なんだか、セッションをする前に自分の中で彼にはってしまうレッテルを取り除くのに結構な時間を使ったのだ。

彼の純粋性を、本質をみるまでに、私がかけてしまったベールが厚いよ。。。。

でも、それをとりまくって、しゅんさんの本当のビジョンを理解していく作業は、自分自身の純粋性に帰っていく作業でもあった。

そして、ハイヤーセルフ会議しよう。(ハイヤーセルフ、、、、その言葉が、すでに恥ずかしい。)というしゅんさんの言葉に、

そんなの、できません。ということをオブラートにつつんで毎回伝えているのだが、


まりさん、ハイヤーセルフ会議しようよ。これは絶対すごいことだから。

と聞く耳もたんわい。


そのたびに、どうやって伝えよう。とか
それって、やって意味あるの?とか
それに対してなんかイライラする、とか
この物質世界で表現するために、それってどうなんだろう。とか
そもそもどうなんだろう、ってこと自体いらないんじゃないか、とか

気が付いたら、いろいろなことに真剣になっていた。

すれすれだけど、うまくかわして逃げようとしてたのに、そうではなかった。

そのハイヤーセルフ会議は、クロちゃんが、「いやー、これはハイヤーセルフ問答ですね。」ということろで、

それ、ばっちりだね、ネーミング

というところになって、このブログで公開していくことになっている。


でも、自分自身の掘り下げだからね、公開できないことも多いよね笑

そういうジレンマはありますが、仲間とわいわいやる楽しさが、初めてわかった気がするよ。

ありがとね。

つーわけで、本当の私は結構辛辣にいってしまうこともあるかもしれない。
でもね、全部を伝えられる仲間がいるのは、

私、ギフト だと思う。

よろしくね。


そして、しゅんさんのブログにイラッとする方
しゅんさんに会ってみて、あちゃーって思う方

そのイラッとか、あちゃー、ていう気持ち、わかります。
でもその気持ち、なんで感じるんだろっていったん受け止めてみると


案外、なんだか、ちょっとなーって感じかもしれないけでど

自分の人生に本気になる動力に、なるかもしれないよ。

じゃあ、よろしく。



2017年3月18日土曜日

Has Begun…By しゅんちゃん


ようやく始まる


待ちに待った、僕のわくわく、みんなのわくわく

ご縁の深いなかまとみんなで一緒に共同創造していくよ

それぞれが選択してきた役割につく


これまでいろんな体験を通して、準備してきた、知識やノウハウ

自分で設定してきた素晴らしい才能

これらを最大限に発揮して、結果に執着せずに、突っ走っていくよ


みんながみんなポジションについているわけではないけれど

そんなのはもう時間の問題


これから始まる僕らの壮大なプロジェクト

起動させる準備は整ったよ

スイッチも入った

恐怖を寄せ付けない、純粋な想いのパワー


あとはみんなを信頼して、抵抗せずに、リラックスして、流れに任せよう

きっとこれまでに経験したことのない充実感を体験するよ

満たされているってこんなかんじだったんだって、改めて思い出すよ


このブログを始める目的はひとつ


僕らの居場所を知らせるため

ずうっとむかしに約束してきたなかまにね


僕らのカラーで、唯一無二の最高の形を創っていくよ


弱い自分とか人間らしい部分をすべて受け入れてくよ

愛で包み込んでくよ

みんなありのままでいいんだよ


少しずつ思い出していくよ

それが僕たちの完全・完璧な姿だったってね


たまには振り返ることもあるかもしれないけど

それも僕らの成長を確認するため


もう止まらないよ


だって、もうはじまっちゃったからね


愛と共に


しゅんちゃん


無意識からのメッセージ By しゅんちゃん

(しゅんちゃんの無意識に聞いた情報 by ひろみん - 2013427日)

僕はね、みんなを幸せに豊かにしたいと思っているんだ。

皆の豊かさを阻むもの、それは今の社会のしくみだ。

今の社会の中では、皆、踊らされているだけだ。
もっと地に足の付いた事業の形を作る必要がある。

一人のがんばりが、皆のがんばりとなり、一人の成果が皆の成果となる。
そして、誰か困っている人がいる場合は、皆で助ける。
豊かさがみんなに行き渡るようなそんなしくみを作りたい。

抜けがけした人だけが豊かになって、自由になって、
その他の人たちが虐げられる。そんな世界ではなく、
皆で協力し合って力を合わせて、皆で豊かになれる。
互を豊かにしあえる。そんな世界の実現を目指したい。

だからこそ、今の僕にできることは、そういう事業の雛形を作ることだ。

ひとりの仕事を皆で手伝う。
そしてその人が富を(豊かさを)手にしたら、それを分かち合う。

一人が頑張れば皆で豊かになれる。
そして皆は、その人を思いっきり応援するんだ。

何かやりたいことがある人が、手を挙げて「それをやる」って宣言する。
どういう方法でそれをやりたいのか、どうすればいいのか、といった答えは
その人がすべて持っているから、それを皆に提示するんだ。

そして皆がそれを全力で応援する。
自分に出来ることをすべて使って応援する。

そして、応援された人は、その成果を皆と分かち合う。

そうすることによって、一人ではできないことも、成し遂げることができるようになるんだよ。
一人の力は小さくても、皆で応援すればそれは可能だ。
そういうつながりを作っていきたいんだ。

思いのある人がまず最初にプロジェクトを立ち上げ、皆に声がけをする。
そして力を貸してもらう。

まずは僕がその一番手になりたい。

僕にはたくさんの夢がある。


(夢は何?)

この世界を変えたい。
一部の人間だけがのし上がり、幅を利かせるような世界じゃなくて、
みんなで幸せに、笑顔になっていきたい。
一人で笑うよりみんなで笑ったほうが楽しいからね。

でも一人の力では到底成し遂げられない。
だからみんなの力を借りたいんだ。
僕のやりたい事業に賛同してくれる人に協力を仰ぎたい。
そしてその成果や喜びを分かち合うんだ。

この試みは、地球上では新しいものだけど、
僕たちが以前いたところでは、ごく一般的で当然のやり方だ。
これをこの地上にも実現すれば、皆、豊かに、競い合うことなく平和になれるんだ。

まずは僕から始めようと思う。

HPやブログも含めて、いろいろな方法で賛同してくれる人を募って、
そしてその人たちと一緒に事業を進めていく。

プロジェクトの中心は、常に、最初に手を挙げた人だ。
その人の中にすべての答えがあるからね。
プロジェクトが、その人のやりたいことから、ずれていくようではいけない。

ちょっと賛同しかねるな、と思った人は、プロジェクトからいつ外れても良い。
これは、最初に周知徹底しておかなければならない。
それは決して反目でも仲違いでもない。
単なる考え方の違いにすぎないのだから、いつ抜けても自由だ。

それから、富の分配についてだけど、
これは公平に行われる必要がある。
つまり、その人の働きによって分配の割合が変わるんだ。

慣れるまでは、その割合をどうするかが難しいと感じるかもしれない。
でも、やがて、このやり方が浸透していって、
皆の目的が、本当に助け合うことになっていけば、簡単になっていく。

やがて、富を得るためにやるのではなく、手助けすることが本当に嬉しくて、
役に立てることが本当に嬉しくて、みんなで関わり合っていくようになる。

それまでは試行錯誤で、ちょっと難しいと感じることもあるだろう。
でも、工夫しながらやっていけば、やがて良い形が見つかる。

全ての人が豊かで健康で、生き生きと生きていける、そんな世界を作ろう!
そういう想いで集う仲間。
そんな仲間とつながっていきたい。
共に素晴らしい未来を築いていきたい。

僕のもとには、かつての教え子たち=素晴らしい魂の持ち主たちが、集まってくる。
僕はその人たちを深く愛しているし、信頼している。

これから、それが始まるのが楽しみだ。

みんな、それぞれの場で、それぞれに頑張っている。
それぞれが人生の中で、この時が来るのを待っていた。
今こそ皆で集う時だ。
とても楽しみだ。


(たたき台*についてはどう? *注20134月当時)

悪くないけど、根本からビジネスのしくみを練り直す必要がある。
どうすれば皆で楽しく希望を持って進んでいけるか。
最高の形を僕は知っている。
それを試行錯誤しながら思い出していこう。

このままいけば、来年の1月には、ある程度の形が見えてくるだろう。
それまでは、何度も何度も、試行錯誤で練り直し、手を入れて、しくみを作り変えることを繰り返さなければならない。
これは、非常に骨の折れる作業になるけれど、あきらめずにやり通す必要がある。

しくみは、高い次元ではすでに形となっている。
しかしそれに気づける自分になるためには、まだまだ垢を削ぎ落とさなければならない。
でも、私は必ずやり通す。
皆を信頼してやりぬくよ。


(事業の内容についてはどうですか?取り扱い内容については?)

皆の健康や環境に寄与するものであれば、なんでも構わない。
それよりも大切なのはしくみだ。

「しくみ」をつめていく必要がある。

今後は、情報を得つつ(おろしつつ)進めていくといい。
今の狭い意識状態では、なかなかうまくいかないだろう。
しかし、進めていく中で、いろいろな変化が自分たちに訪れる。
変化があるたびに、新しい気づきがあり、情報も変わっていく。

完成までの間には、数々の失敗も必要だ。
小さな失敗を重ねていく必要がある。

しかしそれで、くさったり諦めたりすることのないように。

少しずつ、大切なことが明らかになっていくが、
時には、真逆の情報が降りることもあるだろう。
しかし、それは、僕たちの成長の証。

失敗を悔やむことなく、変化を常に受け入れて前に進んでいくことが必要だ。
ここからは、変化・変化の連続になる。
変化の波に乗り遅れないように頑張っていこう。

まず自分の中でよく考えてみることが大切だ。
キーポイントは「誰ひとりの例外なく、皆が豊かになる社会」だ。

2013427
ひろみんより伝えられた
しゅんちゃんの無意識からのメッセージ