しゅんちゃんの無意識からのメッセージ

(しゅんちゃんの無意識に聞いた情報 by ひろみん - 2013427日)

僕はね、みんなを幸せに豊かにしたいと思っているんだ。

皆の豊かさを阻むもの、それは今の社会のしくみだ。

今の社会の中では、皆、踊らされているだけだ。
もっと地に足の付いた事業の形を作る必要がある。

一人のがんばりが、皆のがんばりとなり、一人の成果が皆の成果となる。
そして、誰か困っている人がいる場合は、皆で助ける。
豊かさがみんなに行き渡るようなそんなしくみを作りたい。

抜けがけした人だけが豊かになって、自由になって、
その他の人たちが虐げられる。そんな世界ではなく、
皆で協力し合って力を合わせて、皆で豊かになれる。
互を豊かにしあえる。そんな世界の実現を目指したい。

だからこそ、今の僕にできることは、そういう事業の雛形を作ることだ。

ひとりの仕事を皆で手伝う。
そしてその人が富を(豊かさを)手にしたら、それを分かち合う。

一人が頑張れば皆で豊かになれる。
そして皆は、その人を思いっきり応援するんだ。

何かやりたいことがある人が、手を挙げて「それをやる」って宣言する。
どういう方法でそれをやりたいのか、どうすればいいのか、といった答えは
その人がすべて持っているから、それを皆に提示するんだ。

そして皆がそれを全力で応援する。
自分に出来ることをすべて使って応援する。

そして、応援された人は、その成果を皆と分かち合う。

そうすることによって、一人ではできないことも、成し遂げることができるようになるんだよ。
一人の力は小さくても、皆で応援すればそれは可能だ。
そういうつながりを作っていきたいんだ。

思いのある人がまず最初にプロジェクトを立ち上げ、皆に声がけをする。
そして力を貸してもらう。

まずは僕がその一番手になりたい。

僕にはたくさんの夢がある。


(夢は何?)

この世界を変えたい。
一部の人間だけがのし上がり、幅を利かせるような世界じゃなくて、
みんなで幸せに、笑顔になっていきたい。
一人で笑うよりみんなで笑ったほうが楽しいからね。

でも一人の力では到底成し遂げられない。
だからみんなの力を借りたいんだ。
僕のやりたい事業に賛同してくれる人に協力を仰ぎたい。
そしてその成果や喜びを分かち合うんだ。

この試みは、地球上では新しいものだけど、
僕たちが以前いたところでは、ごく一般的で当然のやり方だ。
これをこの地上にも実現すれば、皆、豊かに、競い合うことなく平和になれるんだ。

まずは僕から始めようと思う。

HPやブログも含めて、いろいろな方法で賛同してくれる人を募って、
そしてその人たちと一緒に事業を進めていく。

プロジェクトの中心は、常に、最初に手を挙げた人だ。
その人の中にすべての答えがあるからね。
プロジェクトが、その人のやりたいことから、ずれていくようではいけない。

ちょっと賛同しかねるな、と思った人は、プロジェクトからいつ外れても良い。
これは、最初に周知徹底しておかなければならない。
それは決して反目でも仲違いでもない。
単なる考え方の違いにすぎないのだから、いつ抜けても自由だ。

それから、富の分配についてだけど、
これは公平に行われる必要がある。
つまり、その人の働きによって分配の割合が変わるんだ。

慣れるまでは、その割合をどうするかが難しいと感じるかもしれない。
でも、やがて、このやり方が浸透していって、
皆の目的が、本当に助け合うことになっていけば、簡単になっていく。

やがて、富を得るためにやるのではなく、手助けすることが本当に嬉しくて、
役に立てることが本当に嬉しくて、みんなで関わり合っていくようになる。

それまでは試行錯誤で、ちょっと難しいと感じることもあるだろう。
でも、工夫しながらやっていけば、やがて良い形が見つかる。

全ての人が豊かで健康で、生き生きと生きていける、そんな世界を作ろう!
そういう想いで集う仲間。
そんな仲間とつながっていきたい。
共に素晴らしい未来を築いていきたい。

僕のもとには、かつての教え子たち=素晴らしい魂の持ち主たちが、集まってくる。
僕はその人たちを深く愛しているし、信頼している。

これから、それが始まるのが楽しみだ。

みんな、それぞれの場で、それぞれに頑張っている。
それぞれが人生の中で、この時が来るのを待っていた。
今こそ皆で集う時だ。
とても楽しみだ。


(たたき台*についてはどう? *注20134月当時)

悪くないけど、根本からビジネスのしくみを練り直す必要がある。
どうすれば皆で楽しく希望を持って進んでいけるか。
最高の形を僕は知っている。
それを試行錯誤しながら思い出していこう。

このままいけば、来年の1月には、ある程度の形が見えてくるだろう。
それまでは、何度も何度も、試行錯誤で練り直し、手を入れて、しくみを作り変えることを繰り返さなければならない。
これは、非常に骨の折れる作業になるけれど、あきらめずにやり通す必要がある。

しくみは、高い次元ではすでに形となっている。
しかしそれに気づける自分になるためには、まだまだ垢を削ぎ落とさなければならない。
でも、私は必ずやり通す。
皆を信頼してやりぬくよ。


(事業の内容についてはどうですか?取り扱い内容については?)

皆の健康や環境に寄与するものであれば、なんでも構わない。
それよりも大切なのはしくみだ。

「しくみ」をつめていく必要がある。

今後は、情報を得つつ(おろしつつ)進めていくといい。
今の狭い意識状態では、なかなかうまくいかないだろう。
しかし、進めていく中で、いろいろな変化が自分たちに訪れる。
変化があるたびに、新しい気づきがあり、情報も変わっていく。

完成までの間には、数々の失敗も必要だ。
小さな失敗を重ねていく必要がある。

しかしそれで、くさったり諦めたりすることのないように。

少しずつ、大切なことが明らかになっていくが、
時には、真逆の情報が降りることもあるだろう。
しかし、それは、僕たちの成長の証。

失敗を悔やむことなく、変化を常に受け入れて前に進んでいくことが必要だ。
ここからは、変化・変化の連続になる。
変化の波に乗り遅れないように頑張っていこう。

まず自分の中でよく考えてみることが大切だ。
キーポイントは「誰ひとりの例外なく、皆が豊かになる社会」だ。

2013427
ひろみんより伝えられた
しゅんちゃんの無意識からのメッセージ

0 件のコメント:

コメントを投稿